★ 百花繚ラン ★



平成10年5月にオープンしたランの館は、欧州のある国のラン好きの外交官(アジョナ・オーキッド氏)の邸宅で、ラン生産が盛んな愛知県の中心・名古屋に屋敷を構えたという想定で作られています。  建物の基本は、スペインのパティオ(中庭)のある屋敷を、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会の水晶宮をイメージしたもので、屋敷中いたるところをランや花で飾るものです。また世界各地を赴任したとの想定でありますので、当然ランの宝庫、アジアも歴任しており、それらの国の文化の影響も色濃く表れているわけです。  ランの館は、いわば南欧風の建物をアジアの香りで染めたミニテーマパークといえます。
開館10周年記念 ● 百花繚ラン ● 4月3日(木)〜6月17日(火) ことし5月2日にランの館は開館10周年を迎えます。華やかなランの花に囲まれてお祝いするアニバーサリー。



 
 5月2日に開館10周年を迎えるランの館。今年の春のイベント「百花繚ラン」では、「アジョナさんの世界ラン紀行」「世界のスモールオーキッド」など特別記念展示会が開催 ということで行ったのですが、アフリカのランや日本の珍しいランも展示されています。



アトリュームT
アトリュームU
アトリュームV
ガーデンT
ガーデンU
ガーデン&展示室

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO