★ サマーイルミネーション・星空庭園 ★



平成10年5月にオープンしたランの館は、欧州のある国のラン好きの外交官(アジョナ・オーキッド氏)の邸宅で、ラン生産が盛んな愛知県の中心・名古屋に屋敷を構えたという想定で作られています。  建物の基本は、スペインのパティオ(中庭)のある屋敷を、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会の水晶宮をイメージしたもので、屋敷中いたるところをランや花で飾るものです。また世界各地を赴任したとの想定でありますので、当然ランの宝庫、アジアも歴任しており、それらの国の文化の影響も色濃く表れているわけです。  ランの館は、いわば南欧風の建物をアジアの香りで染めたミニテーマパークといえます。
● サマーイルミネーション ●
星空庭園 6月26日(木)〜8月19日(火)海底宮殿をイメージした幻想的なイルミネーション 開催場所ラン温室(アトリウム)点灯時間 10:00〜20:00 25℃に保たれた涼しいラン温室(アトリウム) 噴水のある池の中央ではピラミッド型のシャンパンタワーが七色に輝きます。
★幻想ラン園 夏季限定の屋外ラン園をアジアの庭に開園します。この時期限定のラン「モカラ」を150株、タイから現地調達しました。



 恒例となったランの館の夏のイベントです、アトリューム内は中央に涼しげな水の池ができて中央にはピラミッド型のシャンパンタワーが七色に輝き、 天井は海底宮殿をイメージした幻想的なイルミネーションが輝いています。ガーデンの池には睡蓮が庭園には桔梗がきれいに咲いています。 アジアの庭では東南アジア風の東屋の周囲には、インドネシアの彫刻と熱帯植物モカラをタイから調達して飾ってあります。 今の時期のランは主にデンファーレが多かったです



アトリュームT
アトリュームU
デンファーレ他
色々なラン
ガーデン・桔梗他
ガーデン・睡蓮
東洋ガーデン
夜のアトリューム
夜のアトリューム
展示室・夜のガーデン
未定
未定

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO