● オータムディスプレイ・ハロウィンキャンドルナイト ●



平成10年5月にオープンしたランの館は、欧州のある国のラン好きの外交官(アジョナ・オーキッド氏)の邸宅で、ラン生産が盛んな愛知県の中心・名古屋に屋敷を構えたという想定で作られています。  建物の基本は、スペインのパティオ(中庭)のある屋敷を、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会の水晶宮をイメージしたもので、屋敷中いたるところをランや花で飾るものです。また世界各地を赴任したとの想定でありますので、当然ランの宝庫、アジアも歴任しており、それらの国の文化の影響も色濃く表れているわけです。  ランの館は、いわば南欧風の建物をアジアの香りで染めたミニテーマパークといえます。
● 9月4日(木)〜11月4日(火)オータムディスプレイ「月見の宴」伝統的な名古屋提灯のやさしい灯りに包まれて秋の庭園をほんのり照らし、アトリューム内のランの花がほんのり色付きます。
● 10月24.25.26日はハロウィンキャンドルナイト「800本のキャンドルの灯り」がともされ幻想的な庭園を醸しだしています。



 朝から結構雨がふていたので止むかなと思ってい舞s妙ら昼から雨がやんで夜は雲ひとつなく晴れ渡っていました。この催しをテレビで放映されたので結構これを見てお客さんが多かったです。 アトリューム内はオータムディスプレイ「月見の宴」のままで室内では色々な提灯がともされていました。 ガーデン内は以前は池に色々あったのですが、今年は庭園を充実して色々ディスプレイされてハローウインの飾りやロウソクが灯されていました。



アトリュームT
アトリュームU
ガーデンT
ガーデンU
ガーデンV
入口&展示室

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO